北海道教育大学夕陽会(函館校同窓会) 北海道教育大学夕陽会
函館校同窓会
夕陽会の歩み

夕陽会の歩み

HISTORY OF THE SEKIYOUKAI

夕陽会の由来

「夕陽会」の名称が、当初の「函館師範学校同窓会」から、何時変わったのか今のところ詳しいことは判らないが、大正8年3月の第2回生の卒業式で、先輩である第1回生の祝辞の中に「此の夕陽丘の学舎に於いて、諸君と苦楽を共にし…」とあることや、寮歌の夕陽丘の語句などから由来するものであることは、想像するに難しくはない。 当時の学舎から見渡せる、遠く千軒岳に連なる山並みに沈む夕陽が、西の夕映えとともに校舎や寮舎を美しく彩ったこととあわせ、青春多感な中で「夕陽丘」と名付けたものと考える。

校舎正面(大正3年)

建学精神

明治になり、北海道の開拓に拍車がかけられた頃、明治天皇のご沙汰書にしめされた「向学、土地墾闢、人民蕃殖、北門ノ鎖鑰厳ニ樹立シ、皇威御更張ノ基ト可相成」という言葉の土地墾闢、人民蕃殖の文字を、初代校長和田喜八郎氏が開学の精神として唱道、実施したことに由来する。

建学精神

会旗と夕陽讃歌

 北海道教育大学夕陽会創立80周年記念事業の一環として、平成10年8月8日「夕陽会旗」の作成と「夕陽讃歌」を制定しました。
 夕陽会旗は、同窓会のシンボルとして作成されたものです。
 夕陽魂が満ち溢れるようにとの願いをこめて、夕陽(ゆうひ)が変化していく様にみられる色、臙脂(えんじ)色の地に北海道教育大学と夕陽會の文字、校章と白一線を白抜きにしました。
 文字は、千葉軒岳氏(昭和34年卒)による揮毫で、校章のデザインは岩館こずえ氏(昭和57年卒)によるものです。
 夕陽讃歌は、会員相互の絆をより強めるために同窓会のアイデンティティーであり、よりどころである「夕陽(せきよう)の心」を「讃歌」として誕生させたものです。夕陽讃歌が、21世紀への文化遺産として永く愛唱され、会員一人一人の心に刻まれていくことを記念して、佐藤 任氏(昭和16年卒)が作詞を、寺中哲二氏(昭和31年卒)が作曲したものです。
北海道教育大学夕陽会設立80周年記念事業委員会(夕陽会報162号、164号より)

会旗と夕陽讃歌 夕陽会 会旗

沿革略史

函館師範学校

1912(明治45)年6月
北海道函館師範学校設置を文部省が認可
1914(大正3)年2月
北海道函館師範学校長に和田喜八郎氏就任
4月
校舎、寄宿舎竣工
第1回入学式挙行(本科第一部2学級80名)
1918(大正7)年3月
第1回卒業式挙行(第1回卒業生68名)
 
この時期に寮歌作成される
9月
同窓会設立委員会発足、同窓会会則及ぴ細則が決まり、同窓会が発足
同窓会の全長は当分の間本校の校長が当たることとなる
同窓会の代表幹事に古谷全氏が当たる
1923(大正12)年10月
第二寄宿舎竣工
1924(大正13)年5月
母校創立10周年記念式典挙行、記念誌「久遠」発行
1927(昭和2)年11月
初代幹事長に町田利兵衛氏就任
1936(昭和11)年
このころ同窓会地方組織が充実してくる
1937(昭和12)年4月
第2代幹事長に吉村庄司氏就任

北海道第二師範学校

1943(昭和18)年4月
官立北海道第二師範学校開設
初代同窓会長に高坂久喜氏就任
(以後、同窓会長は本校校長から同窓会員が就任することになる)
第3代幹事長に庄内武治氏就任
9月
北海道第二師範学校第一回卒業式挙行(卒業生64名)
1944(昭和19)年
このころ卒業生、在校生多数が出征していく。戦傷者、戦死者が出る
1945(昭和20)年3月
桐花南寮(1日寮)火災(14日)、以後、全寮制が廃止される
1946(昭和21)年6月
女子部設置(旧谷地頭小学校校舎)
1948(昭和23)年4月
第4代幹事長に斉藤繁氏就任

北海道学芸大学函館分校

1949(昭和24)年5月
官立北海道第二師範学校開設
1951(昭和26)年3月
北海道第二師範学校最後の卒業式挙行
 
初代同窓会長に高坂久喜氏就任
(以後、同窓会長は本校校長から同窓会員が就任することになる)
1952(昭和27)年
第2代会長に窪田長松氏就任
 
第5代幹事長に大沼保徳氏就任
1954(昭和29)年1月
函館大学設置規成会発足、同窓会は期成会に協力募金を開始
11月
第6代幹事長に小島昌平氏就任
1955(昭和30)年5月
会報「夕陽」第50号発行(以後、年2~3回定期的に発行)
1956(昭和31)年7月
女子寮(翠蔭寮)敷地、建物買収
1958(昭和33)年9月
第3代会長に加茂勝衛氏就任
 
第7代幹事長に剣地菊五郎氏就任
11月
男子学生寮(桐花寮)改築
1959(昭和34)年11月
函館大学設置期成会寄贈の自然科学館竣工
1962(昭和37)年6月
第8代幹事長に藤川光夫氏就任
1964(昭和39)年7月
母校創立50周年、開学15周年記念式典挙行、同窓会として記念誌「夕陽」発行

北海道教育大学函館分校

1966(昭和41)年4月
北海道教育大学函館分校と名称変更
 
母校校舎増改築促進資金の募金活動開始
1967(昭和42)年6月
第9代幹事長に乙部光吉氏就任
1968(昭和43)年3月
第4代会長に西村賢三郎氏就任
9月
北方教育資料館・タ陽記念館設立
北海道師範教育発祥記念之碑建立
1970(昭和45)年6月
第5代会長に上田嘉一氏就任
1974(昭和49)年9月
第10代幹事長に伊藤義行氏就任
1975(昭和50)年5月
前納会費制(本部費終身通常会費)を決定
1976(昭和51)年7月
第6代会長に高杉留七就任
 
第11代幹事長に瀬川直光就任
1977(昭和52)年12月
第1回夕陽音楽会開催(以後、4年毎開催)
1978(昭和53)年10月
第1回夕陽書道展開催(以後、4年毎開催)
 11月
第1回夕陽美術展開催(以後、4年毎開催)
1980(昭和55)年6月
第12代幹事長に安島進氏就任
1981(昭和56)年3月
女子学生寮(現在翠蔭寮)竣工
 6月
昭和55年度タ陽会総会を札幌市で開催
1982(昭和57)年12月
男子学生寮(現在の桐花寮)竣工
1984(昭和59)年6月
第7代会長に瀬川直光氏就任
 
第13代幹事長に小林信夫氏就任
1990(平成2)年6月
母校の国際交流事業基金募集への協カ開始
11月
金子鴎亭(賢蔵)氏(昭和4年卒)文化勲章受章
 
金子鴎亭氏文化勲章受章祝賀会開催
1991(平成3)年11月
母校の国際交流基金目標1億円突破、基金募金協カ会解散

北海道教育大学教育学部函館校

1993(平成5)年4月
北海道教育大学教育学部函館校と校名改称
7月
第14代幹事長に松本征八氏就任
1994(平成6)年3月
教育資料館・夕陽記念館外壁、屋根塗装工事
6月
第8代会長に安島進氏就任
1996(平成8)年7月
夕陽会会則を大幅に改定、施行
 
本会の名称を「北海道教育大学夕陽会」とする
 
「夕陽会報」が159号よりA4版に変わる
9月
夕陽会創立80周年記念事業委員会発足
1998(平成10)年8月
夕陽会創立80周年記念事業実施
 
記念式典・祝賀会・教育フオーラム・記念美術展・夕陽光景写真展開催
 
夕陽讃歌制定・夕陽讃歌等CD・夕陽会旗・はんてん製作、八十年史発行
1999(平成11)年10月
夕陽会ホームページ開設
2000(平成12)年2月
夕陽記念館が文化庁より「登録有形文化財」の認定を受ける
4月
有珠山噴火見舞肥募金実施、関係者に送付
9月
夕陽記念館整備委員会発足
2001(平成13)年6月
平成13年度タ陽会総会を札幌市にて開催
 
運営指標を「創造し行動する夕陽会」とする
10月
夕陽記念館屋根、外壁修理、塗装
11月
夕陽記念館展示目録発行
2004(平成16)年6月
第9代会長に川島孝夫氏就任
2008(平成20)年6月
第10代会長に橋田恭一氏就任
2016(平成28)年6月
第11代会長に藤川隆氏就任
第一寄宿舎 第一寄宿舎
第一寄宿舎 第二師範学校校舎
第一寄宿舎 初代同窓会幹事 古谷 全
第一寄宿舎 北海道師範教育発祥記念之碑
第一寄宿舎 夕陽会報100号(創立60周年記念特集)
第一寄宿舎 夕陽会報号外 母校創立60周年回顧特集
第一寄宿舎 母校創立70周年記念レコード
第一寄宿舎 創立80周年記念CD
第一寄宿舎 夕陽会ホームページ
第一寄宿舎 夕陽会90年誌

PAGE TOP

LOADING...